虫歯とは

虫歯

虫歯は歯垢(プラーク)中の細菌が酸を出すことにより、歯を溶かしてやがては崩壊してしまう病気です。虫歯の穴が歯の神経(歯髄)まで達するとひどく痛みますが、それまではあまり症状がありません。

虫歯がさらに進行して歯の神経(歯髄)が死んでしまうと、痛みはいったん治まるものの、虫歯の菌がさらに奥へと進行し、歯髄が腐敗して歯を支える骨の中に膿をためる病変へと悪化します。

初期治療の大切さ

鎮痛剤

虫歯になってしまった場合、市販の鎮痛剤などで痛みを誤魔化していると、これ以上悪くなることはあっても絶対によくなることはありません。虫歯は絶対に自然治癒しません。痛み止めが効かなくなり、我慢に我慢を重ねて重い腰をあげ、ようやく歯科医院へと足を運ぶことになります。

ごく初期のうちに虫歯を発見できれば、適切な処置と予防を行うことで何回も治療せずに済む場合もあります。削ることで治すケースでも、できるだけ早い段階であればあるほど、抜歯する可能性も低くなります。

痛みを軽減する治療

無痛麻酔注射器

皆さんが虫歯を放置する原因の一つに「歯医者さんが怖い・苦手」という方もまだまだ多いかと思います。当院では痛みをなるべく軽減する工夫を行っております。

無痛麻酔へ

虫歯の進行度と治療法

虫歯の進行度

  • C0:経過観察、フッ素塗付、小児の場合はシーラントなど
  • C1:シーラントやフッ素塗布、少し深くなり始めればコンポジットレジン充填など。
  • C2:コンポジットレジン充填、インレー、クラウン
  • C3:根管治療の後、インレー、クラウンの修復(神経を取る事が多くなります)
  • C4:抜歯となることが多くなります。抜歯後はブリッジ、入れ歯、インプラント等で補います。

お問合せ

029-838-2711平日09:00-12:30(受付12:00) / 15:00-20:00(受付19:30)
土曜午後は13:30-17:00(受付16:30)
*最終受付は午前午後終業30分前まで 水/祝/日曜午後:休診

茨城県つくば市高野台2丁目16-8

診療時間

は13:30-17:00

圏央道「つくば牛久」インターより車5分