小児歯科

「子どもを歯医者さんに連れていきたいけれど、子どもは騒ぐから嫌がられる」と、ためらっているお母さんが多いようです。

確かに子どもを嫌がる歯科医院もありますが、当院では子どもの患者さんも歓迎しています。スタッフの大半が子育て経験のあるママなので、どんな時に子どもが泣くのか、騒ぐのかを理解し、接し方も大らか。小さなお子さんをあやすのも得意です。

子どもにとって、初めての歯医者さんはやっぱり怖いもの。できるだけ恐怖心を植え付けないように接していますが、どうしても泣いてしまって治療ができないお子さんもいます。その場合は、信頼のおける小児歯科医院をご紹介させていただきます。

子どもの虫歯治療・予防

子どもはどうしても不器用。自分だけでは上手に歯磨きできません。磨き残しが多いため、親御さんの仕上げ磨きが必須ですが、それでも虫歯が出来てしまうことがあります。当院では虫歯の治療はもちろん、虫歯ができにくい口内環境を作るための予防にも力を入れています。

虫歯処置

虫歯の子ども

基本的に麻酔を使い、痛みを感じないようにして治療をしています。麻酔も、歯茎の表面に麻酔を塗って感覚をなくしてから注射をします。お子さんが歯科に通うことを怖がらないように、痛みや恐怖心をできるだけ与えないことを心がけて対応しています。

虫歯はできるだけ小さく削り、健康な歯を可能な限り傷つけない方針で治療をしています。削る部分が小さければ白い詰め物で処置するだけで済み、短時間で治療が終わります。しかし虫歯が大きくなってしまうと、削る部分も大きく、治療期間も長くなります。少しの治療で済むように、こまめに検診を受け、虫歯の早期発見・早期治療に努めることが大切です。

小児のクリーニング

子どもの歯のクリーニング

小学校に上がる年齢になっても、まだ上手に歯磨きできないのが普通です。そのため、お口の中に汚れが残りがちで、虫歯の原因になります。定期的にクリーニングを受けていただくことで、磨き残している部分をきれいにし、プラークや歯石を除去します。また、クリーニングは虫歯を早期発見する大切な場でもあり、万が一虫歯が出来ても早めに処置できます。

子どものクリーニングと大人のクリーニングは方法が少し違います。使う器具や回転数なども異なってきます。当院では子どもの歯に負担がかからないよう十分注意してクリーニングを行っています。

「忙しくて、どうしても丁寧に仕上げ磨きをしてあげられない」というご両親も多いでしょう。お子さんの歯磨き、仕上げ磨きが不十分でも、こまめにクリーニングを受けていれば虫歯になるリスクは下がります。クリーニングを上手に活用して、お子さんの歯を守りましょう。

フッ素塗布

フッ素

歯ブラシや綿で、クリニック専用のフッ素を歯の病面に塗っていきます。フッ素を塗ると歯の強度が上がり、虫歯になるリスクが軽減します。

もろく虫歯になりやすい子どもの歯を守るためにも、定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

シーラント

シーラント

特に虫歯になりやすいのが、奥歯の溝の部分です。子どもはこの部分がうまく磨けず、食べ物のカスが残ったままになり、そこから虫歯が進行します。そのため、シーラントというフッ素入りのプラスチックであらかじめ歯の溝を埋め、虫歯になりにくい状態を作ります。

乳歯はもちろん、生えたばかりの永久歯も虫歯になりやすいため注意が必要です。お子さんがある程度の年齢になり、自分で上手に歯磨きできるようになるまでは、シーラントを続けると良いでしょう。

歯並び(矯正による予防)

子どもの歯並び

現代人はあごが小さくなっているため、歯並びも悪くなりがちです。歯並びが悪いと歯磨きがしにくく、歯が重なった部分に汚れが残って虫歯になりやすくなります。それだけでなく、見た目を気にして人前でうまく笑えなくなったり、写真を撮るとき笑顔を作れなくなったりします。また、歯並びが原因で発音が不明瞭になると、自信をもって話ができなくなる可能性もあります。

心身ともに健やかに育つためにも、きれいに整った歯並びは必須。歯列矯正で整えたきれいな歯並びは一生ものです。単純に歯の並びだけでなく、出っ歯や受け口も調整できます。

予算や期間をはじめ、何歳から歯列矯正ができるのか、どのタイミングで始めれば良いかなど、お気軽にご相談ください。

矯正歯科治療はこちら

お問合せ

029-838-2711平日09:00-12:30(受付12:00) / 15:00-20:00(受付19:30)
土曜午後は13:30-17:00(受付16:30)
*最終受付は午前午後終業30分前まで 水/祝/日曜午後:休診

茨城県つくば市高野台2丁目16-8

診療時間

は13:30-17:00

圏央道「つくば牛久」インターより車5分